HOME > 会社概要 > 沿革
会社概要 COMPANY
沿革
2014年
5月
「遠隔検針システム」企画
ガス、水道、電気を検針する遠隔検針システム特許申請
2013年
8月
【Androidタブレット端末製造開始】
アンドロイド7インチ端末開発
2012年
7月
【遠隔健康管理システム実験テスト】
遠隔健康管理ソリューションプロトタイプ開発
2011年
9月
【車両動態位置管理システム開発】
GPSを利用した車両動態管理トータルソリューション開発
2010年
7月
【双方向デジタルサイネージトータルソリューション開発】
ASP運営システムを構築する。
2009年
6月
【双方向デジタルサイネージコミュニティ用の端末機開発】
FeliCa付き一体型のLCD端末機開発で双方向デジタルサイネージ市場展開を図る。
2008年
1月
【LCDとSTB一体型端末機開発により広告市場展開】
ワイドタッチパネル生産開始、広告市場の開拓を図る。
11月
【ICカード決済付き及びデジタルチューナ付きの端末機開発】
ホテル・病院向けのアナログTVのデジタル化転換を促進させる製品として開発し、市場展開を図る。
2007年
2月
【日本Movie-Net Service展開】
施設向け現金集金の決済システム及び遠隔管理サーバーを日本初の開発構築
3月

【韓国Movie-Net Service展開】

ビジネス・レジャーホテル向けの定額制VOD事業の直轄運営開始。

5月

【WMS(Worldwin Management Solution)統合構築】

端末機管理、コンテンツ管理、決済システム管理、サービス障害遠隔管理などの統括ソリューションの確立により、事業価値を高める。

2006年
3月

【資本金8999万9993円に増資】

全国病院向けの当社独自の新アーキテクチャによるVODサービスのソリューション展開。

2005年
4月

【ワールドウィンテクノロジー株式会社として社名変更】

技術・開発から製造・販売までの一括サービス構築企画

10月

【韓国関連会社ワールドウィンメディア株式会社設立】

研究・開発・生産・部門設立。

2004年
9月

【資本金6000万円に増資】

エンターテインメントSTB販売。

2003年
1月

【NTT東日本とNSW株式会社とホテル向け事業提携】

全国Cityホテル・Businessホテル向けVOD事業展開

9月

【株式会社ヒュージョン吸収合併】

資本金3000万円に増資。

2001年
6月

【ワールドウィンネットとして社名変更】

IT産業に本格的に参入。IT情報端末機販売。

1999年
10月

【ワールドウィントレーディング株式会社設立】

資本金1000万円。貿易業進出